ブックメーカー 投資するための入金方法

ブックメーカー 投資するための入金方法

入出金

ブックメーカーに投資するためには、アカウントを開設した後に、アカウントに対して入金を行う必要があります。アカウントに入っている範囲のお金で投資を行う形で、入金方法は複数用意されています。一つはクレジットカードです。スピーディーに送金できるメリットがありますが、日本で発行されているクレジットカードの中にははじかれるものがあるため注意が必要です。

そして、最近増えているのが仮想通貨による方法です。仮想通貨の口座から手続きを行えば、こちらもスムーズに手続きが完了します。ただし、仮想通貨の場合はレートはその時々で変動しますし、まだ持っていない場合は購入しなければならない点はデメリットといえるでしょう。スピード自体は速く、手続をしてからブックメーカーのアカウントに反映されるまでは数十分で済みます。

ネット口座を活用する方法もメジャーです。国内の銀行から一度ネット口座に入金を行って、そこからブックメーカーに入金を行う流れです。こちらのデメリットは、一度日本から現金で振り込みをしなくてはならないことです。また、それぞれに反映されるまでに少し時間がかかり、早くて2日ほどかかります。

出金も基本的に同じです。流れがそれぞれ逆になるだけで違いがありません。ネット口座の中にはカードを発行していて、それを使って直接ATMから引き出すことのできるサービスもあります。これなら、いちいち日本の銀行に送金する必要がなくて便利です。

ブックメーカー 投資で儲けた分の出金の仕方

オッズ

ブックメーカー投資で儲けた分の出金の仕方はいくつかあります。一つは、対応する電子マネー口座に送金して、そこからさらに国内の銀行口座に送金する方法です。ブックメーカーに対応している電子マネー口座はいくつかあり、それぞれ手数料が異なります。できれば手数料が低いところを選んでおくと、無駄なお金を減らすことができるので便利です。また、電子マネー口座は入金にも利用することができます。

直接国際送金を行う方法もありますが、これは手数料が高額で送金に時間がかかるため、あまり利用する人はいません。電子マネー講座であれば遅くても2、3日あれば入金と出金をそれぞれ行うことができますし手数料も安くなるため、そちらを選んだほうが良いです。

ブックメーカーでは、出金は入金で利用した手段しか基本的に使うことができません。例えば、Aという電子マネー口座で入金した場合は、このAという電子マネーにしかお金を出せないので注意が必要です。ただし、クレジットカードで入金した場合はそうではなく、別の方法で引き出すことができます。最近では、仮想通貨に対応しているところも登場しています。仮想通貨の口座を持っていれば、スピーディーに入出金をすることができます。

どれを利用するかは途中で変更することができますので、そんなに大したことではありません。しかし、ブックメーカーで使用する通貨単位は最初に決めた後は変更することができません。異なる通貨間でやり取りが起こると為替ギャップや手数料で損をしてしまうこともありますので注意しましょう。できれば揃えておくことが望ましいです。